箱入り三太夫ブログ。

ダラダラ書きます。

手を握れる偶像。

拝啓、このブログ、読んでいるあなたはどこで誰の手を握るのだろう。

 

 

 

 

20の僕にも、好きなアイドルとうまく喋れない悩みのタネがあります。

 

箱入り三太夫です。

 

2度目まして(挨拶でブログのナンバリングを行うスタイル)。

 

--------------------------------------------------------------

 

 

 突然ですが ドンッ!

f:id:SandauHakoiri:20170501181307j:image

 

は?って感じだと思いますが(僕もは?って感じです)(じゃあ載せんなや)、" idol "という英単語の意味です。

 

正直言ってめちゃくちゃどうでも良いことではあるんですが、idolという英単語の1つ目の意味が"偶像"って何かすげぇ良くないですか?

 

 

 

 

 

あ、先に言っておきますが

今日のブログで度々訪れるであろう

 

 

 

「は?何言ってんのこいつ?」

 

の、1回目です。(まだあんのかよ)

 

 

 

気にせず話を進めますが (不屈のメンタル)

 

偶像って僕的なイメージですけど、あれですよね、宗教とかで「そこに存在しないから仮の姿を作り上げて崇拝する対象とみなす」みたいな感じですよね。

 

 

ってことはっ!!、なんですけどっ!!(謎テンション)

 

アイドルとidolの持つ意味に微妙なズレが生まれません?

 

 

間違ってるけど間違ってない、イコールなのにナットイコールそんなアイドル(とidol)

 

 

まぁここまでを軽くまとめると

 

 

 

 

アイドルって深いね☆彡

 

ってことですよね(思考放棄)

 

 

 

今回はそんなアイドルが偶像では無く、しっかり本体を持ち存在していることを胸を張って言える証言材料、それをブログテーマにしました。

 

 

そんじゃ行きます〜〜

 

うーー、れっつごー٩( 'ω' )و

 

 

 

 

 

 

 

 

は???

 

 

 

 

やべぇ、昨日書いたはずのこの下書き読み返してアホほど意味ワカンねぇ

 

 

(本気で意味理解するまで10分ぐらい使いました)

 

(何れっつごー٩( 'ω' )وとか言ってんの!恥ずかしい!)

 

(ってかもうコイツ٩( 'ω' )و←がムカツク)

 

 

 

 

 

回りくどすぎて自分で自分に

「いや、お互い好きってわかってるのに全然付き合わねぇ少女マンガかよ!」

ってツッコんじゃいました(ツッコミも回りくどい)

 

 

いや、なんなんだろう本当に

ブログって深夜に書くもんじゃないですね。

 

 

 

はぁ…

 

 

 

 

 

あ、テーマは握手会の話です〜。

 

 

------------------------------------------------------------

 

 

 ちょっと褒められたからって調子に乗って、バカみたいに捻った文を書こうとするとあんな感じになります。ってな導入

 

 

あぁ地獄だった。(地獄だった)

 

 

 

 

という僕の生き恥は置いといて、

 

 

 

4/29 パシフィコ横浜お疲れ様でした。

 

 

そこでの握手会を経て、またブログでも書いてみようかなと思った所存でございます。(ありがたいことに読んで下さった方もいらっしゃるようなので)(本当にありがたい)

 

 

いやー、でも握手会って良いですよね!心が落ち着く!!好きなアイドルと会えば色んなものが許せてしまう!僕これが無かったら週に3回ぐらいは発狂して気づいたら地を蹴る虎になってそうです。

 

 

去った4月29日は個別握手会、そして来週5月6日には名古屋で全国握手会があるわけなんですけど皆さんは個別握手会と全国握手会どっちが好きですか?

 

 

 

僕はもっぱら個握派です。

 

 

母親の胎内に" 忍耐力 "を忘れてきたオタクこと僕としてはやっぱり全握のあの人混みは生き地獄、冒頭から意味不明なことばっか言っちゃうブログみたいなもんです(自虐)。

 

 

 

対して個握は、まぁ入場や合間合間で多少並びはするものの全握に比べれば天と地、象と蟻、乃木坂46僕みたいなもんです。(自虐してないと精神を保てない異常者)

 

 

時間が細かく分けられてると1日のタイムスケジュールも立てやすいからーーね。

 

 

 

 

全握も制度自体は好きなんだけどね。(ペアレーンとか楽しいし、ミニライブコスパ良いしね)

 

 

 

あー、家の隣で握手会してほしいなぁ。 

 

 

 

 

 

そして、そろそろ気づいてきた方もいると思いますが、

 

 

 

 

 

 

 

そうです!今回のブログ終着点を決めてません!!!(てへっ)(吐き気)

 

 

何となく、暴走機関車のように走り出しちゃいました。まぁでも!そんなブログがあっても良いよね、人間だもの。って僕の中のみつを(相田)も言っ(以下略

 

---------------------(自分への戒め)------------------

・1度褒められた表現の類似をすぐ使おうとするな!!!(弓○いさん、金子みすゞのくだりの際にはわざわざTwitterでコメントくださりありがとうございました。感涙)

-----------------------------------------------------------

 

 

 

けど握手会自体が大好きなのは本当で、これからも通って行きたいな〜、と思います。もしこのブログを読んだ方の中に

「まだ握手会に行ったことない!」

って人がいるのであれば是非1度行ってみることをオススメします!(その後のお財布事情やその他諸々に対しての責任は負いません)

 

 

思ったよりも数倍可愛い(綺麗な)乃木坂ちゃん、思ったよりも数十倍うまく喋れない自分、思ったより数百倍疲れる握手会後。(行き始めたばかりの時は5秒でこんだけ疲れるのかよってずっと思ってました)

 

 

 

直接話せる機会だからこその良さもありますよね。話が噛み合ったり😆上手く噛み合わなかったり😔その時その時のメンバーの体調、テンションにより握手は千差万別。自分が届けたかった言葉が何も介さず直接届きます。だからこそ何かを伝えたい時はいつもより(ツイートしたり、友達内で意見交換するときより)も

メンバー第一に考えないとね(多分最低条件)。

 

 (冗談でも言わんくて良いこと言う人は好かんな〜って思いますしね、激しい身内ウケをアイドルに持ち込んだり、くっっっそつまんねぇブラックジョーク、言う必要ある?ってね。)

 

 

 

 

 

まぁ、普通の人間なら全然大丈夫だと思うしそんな深く考えて行くことでも無いと思うんですけどね〜。

 

 

そして、握手会で広がるオタクとしてのコミュニティ!、僕が今現在絡んで頂いてるオタクの方々って握手会きっかけの方の割合が1番多いんじゃないかな、と思います。凄いね!握手会!!凄い凄い!!

 

 

 

ん〜… 

 

 

 

 

 

限界…??

 

 

 

 やばい、まじでブログの終わりへ着地出来ない!!!(どうしよう)

 

 

 

緊急着陸します!(え、こんな中途半端な文章を残して!?)

 

 

 

箱入り三太夫ペイルアウト!!!!(まじかこいつ!)

 

 

 

ではでは、またまた

 

 

 

 

 

まーーーーーーーーーったねっ!!

(本当に終わっちゃう) 

 

 

-------------------------------------------------------------

p.s 誕生日のお祝いコメント本当にありがとうございました。コメント全て印刷にして額縁に入れて飾ります(絶対飾りません)。

 

(自分の誕生日を匂わせる)ツイートをする前は「コメント来なかったら自分でアカウント大量に作って自分でおめでとうコメントして振り切ったキチガイになったろww」とか思ってたのですが皆さんの暖かさに救われ感無量です。これからもよろしくお願いします。

 

-------------------------------------------------------------- 

 

 

 

 

 

三太夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタクとアイドルと私。

色んな人間が書いているというブログなるものをオタクである私も書いてみようということで、書くのである。

 

 

 

 

土佐日記のパロディではじめまして。

 

 

こんな感じで(どんな感じで?)ダラダラやっていこうと思います

 

寄ってらっしゃい見てらっしゃいとは言わないので(言えないので)、駄菓子屋のおばあちゃん的スタンスでいきたいと思います。

 

「そういえばあんなのあったよね。」

 

みたいなね。

 

 

人のお金で握手券が買いたいなぁ。

 

 

 

 

 

箱入り三太夫です♪

 

------------------------------------------------------------

(1)簡単なご挨拶

 

 

これをやりたいがために導入でダラダラやったみたいなくだりが終わりました。正直もう書くことがありません。(言っちゃう)

 

 

 

まあタイトルの通りアイドルオタクな僕が、そこらへん関連にことに偏見と妄想交えて書いていく、ってな感じです。

 

ですがいかんせん僕はそこらへんにいるノーマルオタクなので特に色のあるブログが書けるわけではありません。(絵が得意なわけでもないし、画像加工ができるわけでもなく、ピアノも弾けず、ツイキャスで色んな人楽しませることもできません)

 

 

なので、

 

『ハルジオンとアイスランドポピーに花の中でも特別な感情を持ち、お花と聞けばスタンドフラワーやバケットに入った祝花を思い浮かべ、待ち札で46番を渡されれば嬉々として写真付きでツイートし、券=握手券という前提で話を進めてしまう。』

 

そんな一般的な乃木坂のオタクはこんなことを考えるんだ〜、程度でご覧下さい。

 

 

あれ、

 

こんだけ頑張ったのに

まだ650文字!?ツイート6個分ぐらい!?

という驚きを隠せませんがもう少し書いていきます。今しばらくお付き合い下さい。

 

 

ってな感じで

次の話題へライドン٩( 'ω' )و

 

------------------------------------------------------------

 

(2)僕と推しメン

 

多分今このブログを読んでいる方は乃木坂(もしくは欅坂)のオタクだと思うんですけど、皆さんも一度は口に、耳にしたことあるんじゃないかな〜と思うこのセリフ

 

「○○さんは誰推しなんですか?」

 

はいキタコレ!ってな具合のテンプレート、

そうなんです!アイドルオタクにとって、

推しメンとは超重要な情報なんです。推しによって広がるコミュニティ、推しによって広がる話題、推しによって広が(以下略  

なんですよ!!

 

ちなみに僕は、と言うと今現在、正直ガッツリ推しメンと言うものを定められてる気があんまりしません

 

 

『今の推しメンは斉藤優里さん』

 

------------(見なくて良い空間)------------------------

↑本当はね橋本奈々未さんって答えたい時もあるの(笑)けどそういうのって「うわ懐古厨w」って嫌われたりするのかな〜、って悩んだりね(笑)色々難しいの(笑)

------------------------------------------------------------

 

と先に書いたテンプレート質問の時は答えてます。(実際斉藤優里さんが大好きだし、今現在グループに在籍してる乃木坂メンバーの中ではトップで応援してるし、握手会はめちゃくちゃ楽しいし、斉藤優里さんを周りで応援してるオタクも面白くて、とっても満足してるんだけどね。)

 

 

 

ここまでかる〜くゆる〜〜く推しメンのことについて書いたけど

 

 

 

 

 

『え!?何ゴチャゴチャ言ってんの?好きなら好きで普通に良いじゃん?そんな迷うことじゃないじゃん?』

 

 

 

ってなる人も絶対いるよね。まぁ価値観の違いだしみんな違ってみんな良いって僕の中のみすゞ(金子)も言ってる。(言ってない)

 

 まあでもやっぱりその人を本気で推してる、本気で好きな人に対してのリスペクトもあるし、僕の中で推しの決定ってのは割と一大事(メンバーへの敬意もあるしね)。

 

 

簡潔に言うと

 

『そんな簡単に○○さんを推してる〜なんて言えないの!!(僕は)』

 

 

 

ワンピースのゾロが"これで良いや"って京都に来た修学旅行生がノリで買っちゃったような木刀を三刀流に組み込んで来たら嫌じゃん??大空翼がなんか唐突に「どうでも良いや〜」とか言い出して岬太郎以外とゴールデンコンビ名乗りはじめたら本っっっっ気でやべぇじゃん???(やばい)

 

『この人についていこう!

この人に僕自身を捧げよう!!』

 

ってのを決めるのはやっぱ大切で難しいんだよ。僕にとってグループアイドルの中から推しメンを決めるってそんなもん。

 

 

読み返してみてもイマイチ何言ってるかわかんないけど(自分で言っちゃう)、こんな感じでアイドルを推してます(いや、意味わからんから書き直せ)。

 

僕と推しメン    お   わ  り  

 

------------------------------------------------------------

 

 ・感想

 

 

こんな意味わからない(自分で言っちゃうリターンズ)ブログを読んでいただきありがとうございますm(._.)m

 

140文字の制限に慣れた身としては、ツイート一つ一つを紡ぐような作業でした。拙い縫合技術のため、駄文駄文、いや〜〜駄文っ!って感じでしたが、書きたいことはそれなりに書けたかな〜(?)と思います。

 

 

ではでは、またまた

 

 

まーーーーーーーったねっ!

 

 

 

 

 

 

三太夫。