箱入り三太夫ブログ。

ダラダラ書きます。

スペシャルイベントに行ってきましたレポ。〜前半〜

2017/12/02

 

行ってきました!都内某所!!!

 

人生初めてのスペシャルイベント、

心の中はもうドキドキと

ドキドキと

ドキドキと

やっぱりドキドキでいっぱいだったのですが、終始楽しく(僕は)みんな仲良く(僕はそう思ってる)、やり切ることができました。(僕はそう思ってる)

 

では備忘録的にはではありますが、内容をババーッと!!!レッツラレッツラ!!(ゴー)

 

-----------------------------------------------------------

 

僕が参加してきたのは

「お茶会&似顔絵会」

メンバーは

「阪口 珠美」

f:id:SandauHakoiri:20171202174724j:image 

 

----------------------------------------------------------

 

フラーっと会場に向かい、荷物検査、金属探知機、ハガキ&身分証を確認された後いよいよ会場へ、、、

 

番号は3番

「なるほど3番か(何もわかってない)」

 

席には既に2人のオタク

「なるほど2人か(何もわかってない)」

 

無言で待ち続けるのもなんなので、とりあえずご挨拶「今日はよろしくお願いしますね〜」

オタクA&B「あ…、…はい〜」

 

「(この雰囲気、知り合いのブログで読んだやつやっ!!!)」

 

僕「(OK,やめましょう)自己紹介とかしますか??(OK,やめましょう)」

 

オタクA「あ、5人揃ってからで…」

 

僕「(OK!!やめましょう!!!)」

 

僕「はい…」

(結局自己紹介はしませんでした。)

 

そして、少しのお喋りを挟みつつフワフワしてると5人揃って、さぁいよいよメンバーの登場。

 

扉から続々と入場してくるメンバー

「(あ、なるほど3期生は3期生で一緒なのか。)」

 

50音順での入場だったので(多分)、久保ちゃんの後ろから一筋の光、「(か、可愛いっ)」

 

一旦僕たちの席を通り過ぎる阪口珠美、天然なのか何か段取りを勘違いしたのかはわかりませんが、何かとそこで緊張もほぐれました。

 

そしてついにお茶会スタート!!

 

あらかじめ机にセッティングされていたお茶の缶を開けて飲むようにスタッフが促す。

 

なるほど〜、と思いながらカシュッと缶を開けた後、緊張が解けた安心感からかお茶を一口…

 

オタクC「あっ!!」

 

YES!!乾杯前!!!

 

(や、やってしまった〜!)

(遊園地で黒づくめの奴らの取引現場に夢中になっていたあまり、ジンに後頭部を殴られた工藤新一も多分こんな感じで後悔したんだろうな〜!)

(お、お母さん、産んでくれてありがとう…)

 

ただそこは知り合いのオタクさんから

「この人先に飲んでます!」

のフォローもあり、少し笑いに変えていただきやんわり切り抜けました。

 

そして、阪口珠美

「じゃ(乾杯はこの人)抜きで!」

と言われる美味しい展開。

 

阪口珠美意外と悪い顔しますね。

(結局最後にちゃんと乾杯してくれました)

(好き)

 

オタク「緑茶も好きなの?」

阪口珠美「緑茶は〜、あんまりですね。」

みんな「(抹茶好きで緑茶微妙なんだ。)」

僕「ショールームの時はじゃあやっぱり、ちゃんと抹茶だったんだ」(ちゃんとって何?)

阪口珠美「あれは濃い抹茶でした!」

 

あったかい飲み物が好きなのかな。

 

----------------------------------------------------------

 

お茶会の内容は神経衰弱

 

割と進行自体はフリーで

「トランプ誰混ぜます?」の問いかけに反応も薄かったので「(時間勿体無いし混ぜちゃお)」と一度トランプを取りましたが、どうせなら〜と思い直し阪口珠美にトランプをパス。

 

「(は、初めての共同作業!)」

(違う)(違う違うそうじゃそうじゃない)

 

オタク「前回はトランプぶちまけちゃったみたいだけど、シャッフル出来るの?」

の問いに答えるかのようにトランプを盛大にぶちまける阪口珠美、流石に可愛すぎる。

 

みんなでトランプを拾い集めた後には

阪口珠美「これで混ざったと言うことで」

僕「(斬新すぎる…)」

阪口珠美、流石に可愛すぎる。

 

そしていよいよ神経衰弱スタート!!

 

オタク「神経衰弱得意なの?」

阪口珠美「得意ですよ!」

みんな「え、ホント?」

阪口珠美「小さい頃、得意なのは神経衰弱でした!」

オタク「ダンスの前?」

阪口珠美「そうです!」

 

(結果的に阪口珠美の獲得枚数は0枚でした。)

 

神経衰弱中盤になり、それさっきでたね!と言う数も増えてきた頃の阪口珠美(獲得枚数0枚)さん、この状況(スペイベ)にも慣れたご様子でめちゃくちゃ自由。

 

阪口珠美「(これのペアは)どこですか?」

 

斬新すぎる!

 

「これだよ!」とは言わないまでも、

咳払いやフワーッと指差しで阪口珠美にヒントを出す阪口オタク(僕も含め)がめちゃくちゃ可愛かったです。(オタクは可愛くなる必要は無い)

 

 

「まぁこんな日もあるさ」と言わんばかりで、全く神経衰弱への自信を失っていない感じの阪口珠美(獲得枚数0枚)さん、ペアが出来た人に拍手したり、ペアが出来てない人にも拍手したり、何もなくても拍手したり(シンバル持った猿の人形みたいとか言うな)、終始楽しそうで良かったです。

 

1位の方は4ペア、ちなみに僕は次いで3ペアで2位、周りの話聞いても割と多目に取れた組のようで、良い感じに順番も周ったのかな〜と思いました。

 

1位の方へのプレゼントにサッとサインをして手渡し、阪口珠美は似顔絵会の準備のため壇上へ

 

 

ん〜〜〜〜〜〜、疲れた!!

 

似顔絵会は割愛!!(嘘)

 

もう他の人から話を聞いて!(いや書く)

 

スペイベレポ、後半へ、、、

 

 

続く!!(いや、まじで前後半に分けるんか〜い!)